FC2ブログ

[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0513] 大切な


大切な人の友達が病気で苦しんでる。
もうそんなに長くないらしい。
癌だそうだ。

どうしてか、自分の周りで病気の話になるとほとんどが「癌」。
率の高さに正直怖ささえ憶える。

どんなに手を施しても臨終に向かわなくちゃならないその事実に当人も周りの人間も心の準備なんてどれだけしてもしきれないだろうと思う。
いつも思うけれど、人間一律確実に平等なのはいつか来る「死」です。
なかなか正面から向き合ってちゃんと考えることがし難いことですが、いつも言うように「死」を考えるとゆうことは「生きる」とゆうことを考えるとゆうことと同じだと思ってます。
どんな物事も最中には何も分かりません。
何が正しいとかどれが正解とか誰が何を基準に決めるのかも分からないです。
今、当たり前のように朝を迎えて、太陽の下で励み、夜に眠る僕達と臨終を迎えてるその人とでは同じ1日でも価値は同じでも感じ方は全然違うでしょう。
全財産を投げ打ってでも1日でも長く生きたい。
もっと自分の子供に伝えたいことがたくさんある。もっと一緒に過ごしたい人が居る。
もっと語りたいこと・・・
もっと残しておきたいこと、生きた証を残しておきたい。
人は誰でもその立場に立たなくちゃ、そこからの景色なんて見えない。
「自分だけ何で。。。」そう思っても構わないし全力で八つ当たりしてもいい。
皆、絶対に全部受け入れてくれるから。
それがあなたに出来る最後の生きた証なら全部しっかり受け止める。
人生全ての総決算は臨終の時にされると思う。

人の命の事を話す時って何でか全部の言葉が野暮ったく感じてしまう。
この気持ちを表現できる言葉が思いつかない。
ただ1つ言えることは最後まで傍に居てあげて下さい。
自分の最後の時に孤独だったらきっと生きた意味を感じられないと思うから。
そして話せるのなら話して下さいその人との思い出を。
全部聞くから。
一緒に泣いてしまうだろうけど、それでも僕はあなたの傍でずっと話しを聞きたい。




スポンサーサイト

未分類 | CM 0│05時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pikaru1103.blog2.fc2.com/tb.php/242-53d346dd

| main |

twitter

エドハーディー時計

心に残る言葉

心に残る言葉

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。